やねのすずめブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Ubuntu に外付け USB HDD を接続する

<<   作成日時 : 2014/09/01 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Ubuntu に外付け USB HDD を接続する

外付け USB HDD を2台接続して、Windowsのバックアップデータをコピーしてみました。
- Ubuntu 12.04 LTS Desktop 日本語 Remix(x86)

材料


外付けUSB-HDD(120GB) - Windowsのバックアップに使用中
外付けUSB-HDD(500GB) - 新規

ハードディスクの増設手順


くわしくは
UbuntuTips/Hardware/DiskExpansion - Ubuntu Japanese Wiki:
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Hardware/DiskExpansion
を参照してください。
以下では概要と気づいたことなど補足していきます。

パーティション作成


GParted パーティション編集ツール (インストール必要)
・パーティションテーブル作成 : MS-DOS - MBR形式
・パーティション作成 : 基本バーティション 96GB
・作成時にラベルをつける(パーティションの名前; ボリュームラベルに相当)
…… ubuntu のバックアップ用は ext4 にしてみました
    (ubuntu のインストール・パーティションの標準と同じ)
…… Windows のバックアップ用は vfat を指定してみました
    (120GBと同じく FAT32 にします)

GParted で緑のチェックマーク(レ)をクリックして「全ての操作を適用します」
(これで初めて実行される)
……最初はこれに気が付きませんでした。

マウントポイントの作成


/media/xxxx/ を作成してアクセス権を設定する
自分のログインアカウントにフルアクセス権限をつける
    ……普通そうだと思いますが

フォルダーを開いて編集 (管理者権限が必要)
sudo nautilus
……nautilus を閉じないと端末に処理が戻ってこない
……端末で Ctrl + C を打つと、nautilus が閉じる

一度アクセス権を設定し忘れ、何もできなくなってしまったので、
別名でディレクトリを作り直しました。(_ _;

ディスクのラベルの確認


sudo fdisk -l
ディスクのラベル(sdb1など)を確認

設定ファイルへの記述


/etc/fstab を編集する(最後尾に追加する)

フォルダーを開いて編集 (管理者権限が必要)
sudo nautilus
ファイルシステム から開く

[例]
/dev/xxxx /media/disk2 ext3 defaults 0 0
  xxxx  ……ディスクのラベル(sdb1など)
  /media/disk2 …先に作成したマウントポイント
  ext3  ……ファイルシステム

マウントのテスト


sudo mount -a
fstabの記述通りに自動マウント
……マウントされればOK

読み書き可能か試す
……アクセス権の設定を間違うと、書き込みできないことがある

アンマウントする
sudo nautilus でイジェクトボタンをクリック
……自分(ログインユーザー)にアンマウント権がない場合は root の権限が必要

ubuntu を再起動する。fstabの記述通りに自動マウントされるか

ディスクの増設で UbuntuTips を参考にしたのはここまで。

起動ドライブの選択


・PC の BIOS を設定する。外付けUSB-HDDの起動順位を下げる

バックアップデータのコピー


……相当時間がかかりました。25GBで10時間とか。
  大量のデータを一度に送ると、メモリーが不足気味なのか転送速度が遅い。
  0.6MB/s とか。
  少しずつ様子をみれば良かった。転送が遅ければ OS を再起動してみるとか。

ディスクマウント設定


◆ubuntu を再起動するとマウントできないことがありました。
外付け HDD が2台のため、
sdb と sdc が入れ違ってしまうことがあるのが原因。

UUID で指定すれば良い(これが定番らしい)ですが、
パーティションのラベルで指定しても良いので、こちらを採用。わかりやすいので。

◆ログインユーザ(自分)にアクセス権がない
◆日本語ファイル名が文字化けする

man mount
man fstab
を読んで調べ、とりあえず fstab を修正。

  uid=value と gid=value
    すべてのファイルの所有者とグループを設定する
    (デフォルトはカレントプロセスの uid と gid)。
  users
    全てのユーザーがファイルシステムをマウント・アンマ
    ウント出来るようにする。 このオプションを指定すると、
    同時に noexec, nosuid, nodev が指定されたことになる。
    ただし続けて指定すれば上書きは可能。
    すなわち users,exec,dev,suid のような行を指定すればよい。
  codepage=value
    FAT や VFAT ファイルシステムで、短いファイル名に変換するときに用いる
    文字のコードページを設定する。
    デフォルトではコードページ 437 が用いられる。

LABEL=U1204L_BAK /media/bak_hd ext4 defaults 0 0
LABEL=BAK-DUB2 /media/bak_dub2 vfat uid=user,gid=user,users,codepage=932,iocharset=utf8 0 0
LABEL=DUB2-B /media/dub2-b vfat uid=user,gid=user,users,codepage=932,iocharset=utf8 0 0
※1行につづけて書く(合計3行)
……U1204L_BAK のアンマウントには root 権限が必要
    (ubuntu のバックアップなのでまあよいか)
……BAK-DUB2, DUB2-B のアンマウントはユーザーで可能(root でなくても)
    アクセス権もある。文字化けも対策。
……/media/<パーティションのラベルを小文字にしたもの>/ にするとわかりやすい。(^^)

とりあえず、こんなところで実験中です。

気づいたこと


▼アンマウント後、OSシャットダウンする前に、USB コネクタからはずさないと、
 OS が再起動する。(シャットダウンをクリックしても)
・どちらか1台でもつながっていると再起動する
……バグ?

fsck(ファイルシステムチェック)の謎


120GB HDD の動作が重いのでチェックしようとしたのですが。
短いファイルネームが悪いと言われ、続々とリネームされる(きゃーやめてー)。

 ※自分用の作業メモですので、分かりにくいところは検索等でお調べください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ubuntu に外付け USB HDD を接続する やねのすずめブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる