やねのすずめブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS EPSON PM-860PT プリンター内部の部品調整…

<<   作成日時 : 2015/11/16 03:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「プリンター内部の部品調整が必要です。
お買い上げの販売店またはエプソンの修理窓口にご連絡ください」の
エラーメッセージ表示が出た場合の対処方法。

突然エラーが出て印刷できなくなり、困りました。
まずはエラーを解除して、当面の印刷を可能に。
後で自分で「部品調整」して復活させました。

※ この記事は自分用のメモです。
※ 適用は自己責任でお願いします。
※ この時期の他機種も同様ではないかと思います。

原因


http://okwave.jp/qa/q9015064.html からの情報
・有名な「廃インクタンク満タン」のお知らせです。
・PM-860PTの修理受付は 2010/3/31に終了しました。

海外型番を調べる


「PM-860PT 海外型番」で検索
https://proface.com.cn/otasuke/download/ps/psg/img/EpsCeSpec_336b_J.pdf
によると
PM-860PT - Stylus Photo 935

EPSON機は海外型番で情報が出る場合が多い。

廃インクカウンタのリセット


Kuniのもろもろブログ:
エプソン PM-870C 廃インクカウンタのリセット(纏め) メモ
http://blog1.bakw.sub.jp/?eid=472478

詳細は上記ページを参照

SSC Service Utility をダウンロード
http://www.ssclg.com/epsone.shtml
インストール
メイン画面で機種を設定
タスクトレイのアイコンを右クリックして
Protection Counter をリセットする

廃インクタンクの再生


※ Stylus Photo 935 service manual (英語)も検索するとダウンロード可能

準備


・ティシュ
・使い捨て手袋
・新聞紙
・ポリ袋
インクで汚れるので。

分解


PM-860PT底面

廃インクタンクはプリンタの底にある。
矢印のネジをはずす。
手前に引いて廃インクタンクをはずす。

廃インクタンク

矢印の3つのツメをはずしてフタを開ける。

パッド交換


廃インクパッド

中の4枚のパッドを取り出す。
(底のほうのパッドが写真では上になっている)

パッド交換

替えのパッドを詰める。
写真の油吸収パッドは3個☓2段。

再組立


廃インクタンク取付

廃インクタンクのフタをはめる。
・3つのツメのほか、左右の軸(矢印)をはめる。

廃インクタンクを本体に戻す。
・廃インクチューブの先(矢印)を廃インクパッドに当てるように。

とりあえず復活


いつまで動くかわかりませんが、印刷できるようになりました。

エプソンに修理に出したら何千円取られることでしょう?
ひどい話ですね。
それに他機種でも約7年でさっさとサポートを打ち切るようです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EPSON PM-860PT プリンター内部の部品調整… やねのすずめブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる