やねのすずめブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ubuntu に ncurses を入れてみる(2)

<<   作成日時 : 2017/01/25 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

失敗に備えて、ubuntu のインストールDVDから「ubuntu を試す」でテスト。
(ubuntu のインストール済HDDを壊さないように)

公式サポート対象のパッケージをインストールしてみます。
Ubuntu – xenial の ncurses ソースパッケージに関する詳細
http://packages.ubuntu.com/ja/source/xenial/ncurses
リンク先からファイルの一覧を見て、必要なパッケージを考えます。

ubuntu
バージョン コードネーム
12.04LTS precise
14.04LTS trusty
16.04LTS xenial
16.10 yakkety
17.04 zesty

"32"が32bit版
"w"がつくのはマルチバイト対応
"-dev"がつくのは開発者用
などとなります。

今回使いたいのは
libncursesw5-dev
ncurses-doc
の2つのパッケージです。

apt-get で自動インストールのほうが安心なので、
端末を開いて

sudo apt-get install libncursesw5-dev
(libtinfo-dev もインストールされる)
275kBダウンロード/1582kBディスク上

sudo apt-get install ncurses-doc
609kB/3332kB

日本語の表示は、こちらのサイトを参考にしました。
1 Entry per Day: C言語のNcursesで日本語を扱う

テストしてみます。
gedit hello.c
サンプルプログラムを貼り付けて保存・終了します。

コンパイルします。-Iがヘッダのあるディレクトリ(大文字アイ)、-lが使用するライブラリ(小文字エル)
gcc -I/usr/include/ncursesw/ hello.c -lncursesw

ワーニングは、「main の前に int がない」「usleep() を使うには #include <unistd.h> が必要」
とりあえず無視します。
カレントディレクトリに a.out というファイル名で実行ファイルができるので
実行してみます。
./a.out

日本語文字列が1秒間表示されれば動作しています。
今度はハードディスクにインストールして見たいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ubuntu に ncurses を入れてみる(1)
MS-DOS テキストモードのC言語プログラムを移植しようと思い、 ubuntu に ncurses を入れてみることにしました。 ※おそらく、実行用のライブラリは標準でインストールされていますが、  開発用のヘッダファイルやマニュアル等はインストールされていないと思います。 ...続きを見る
やねのすずめブログ
2017/01/26 19:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ubuntu に ncurses を入れてみる(2) やねのすずめブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる